CBcloud(シービークラウド)の社長は松本 隆一!評判口コミ!

CBcloud(シービークラウド)という社名を聞いたことがないという人も多いかもしれません。

しかしPickGoと聞けば認知度は少し高くなるような気がします。

多くの軽貨物ドライバーが登録している「PickGo」を展開している会社がCBcloud(シービークラウド)株式会社なのです。

今回はCBcloud(シービークラウド)や社長の松本隆一さんの紹介と評判・口コミを調べてみました。

CBcloud(シービークラウド)ってどんな会社?

PickGo

CBcloud(シービークラウド)株式会社は2013年10月に横浜市泉区で設立されました。

元々は冷蔵・冷凍中心の軽貨物運送事業会社としてのスタートでした。

しかし世の中の物流・運送が多重構造と旧態依然な慣習を抱えていることを問題視し、新しい物流のプラットフォームを構築する方向に舵を切ります。

特に末端の労働者である軽貨物ドライバーの労働環境整備が急務として、驚くほどのスピードでシステムを開発していきます。

CBcloud(シービークラウド)社内で使うシステムではなく、誰もが利用できる軽貨物配送プラットフォームとして2016年6月に「軽Town」をリリース。

会社設立からここまでわずか2年半ちょっと。

そして1年後の2017年6月にリニューアルして今では多くの軽貨物ドライバーが登録し活用しているPickGoとサービス名称を変更しています。

この間、経営背景では数十億円規模の巧みな資金調達を実施し組織拡大に伴い、都内神田近辺にオフィスも移転させています。

2018年8月にはドライバーだけでなく物流に携わる関係者全ての働き方支援システムとしてクラウドを活用した「イチマナ~AI動態管理~」 をリリース。

現状の組織や会社にも後付け導入可能な総合的なシステムで、ASKUL LOGISTや日本郵便なども導入しています。

これは2020年3月にSmaRyu Truck/SmaRyu Postとサービス名称を変更しています。

2019年2月にはPickGoの登録ドライバーが1万人を突破し、マッチングプラットフォームによる軽貨物の新しい働き方として支持されています。

更に進化は止まることなく2020年4月27日より1都3県と愛知・大阪・福岡で「PickGo 買い物代行」サービスを開始しています。

コロナウイルスによる外出自粛やテレワークの普及によるニーズや高齢者向けの買い物代行を、PickGo登録ドライバーが臨機応変に請け負うサービスです。

ネットスーパーと違うのは3店舗(例えばスーパーとドラッグストアとか)まで指定することが可能であり、品物サイズも軽貨物に乗るのであればOK。

配達ドライバーもアプリ上で顔写真や配送歴・評価歴などで選ぶことができるのも画期的。

さらに置き配指定も可能。不在再配達サービスは不可でありその場合も自動的に置き配となります。

これまでの物流・運送業界にあった常識を新しい価値観に変えていく。

CBcloud(シービークラウド)は若い会社ですが社会的意義の大きな存在になりつつあります。

CBcloud(シービークラウド)社長は松本 隆一

出典:Green

CBcloud(シービークラウド)株式会社の代表取締社長は松本隆一さん。

松本隆一社長は1988年生まれ、沖縄県出身です。

高校時代に独学でプログラミングを修得するなど、当時からITの才能があったようです。

自身が通っていた「東進衛星予備校」の授業配信システムまで開発してしまい、現在も同校にて採用されているのだとか。

高校卒業後に航空保安大学校を経て国土交通省に入省し、航空管制官として羽田空港に勤務します。

しかし数年勤務したのち2013年に退省し、他界した義父の運送業を継ぎ、配送ドライバーを経験することに。

官僚エリートの道を捨て義父の運送業を継ぐという、何か複雑な事情があったのでしょうか?

しかしここで物流・運送業が抱える問題に実際に直面することで、松本隆一さんの人生に大きな影響を与えることになります。

運送業を継ぎ配送ドライバーを始めた同じ年に、運送業の将来を見越したCBcloud株式会社を設立してしまうのですから先読み能力に長けているのでしょう。

今では日本では数億円規模のサービスを提供する若社長さんですから人生なんてホントわからないものです。

もし松本さんが今も国土交通省で働き続けてたらPickGoはもちろん生まれていない。

今PickGoで活躍されているドライバーは何をしているのでしょう?

松本隆一さん自身も組織の壁に阻まれて旧態依然の物流・運送業界を変えていくことは難しかったかもしれませんね。

才能ある人は有名企業や官僚を目指さず、起業して自由な発想で新たなサービスやシステムを私たちに提供していただきたいものです。

世の中を変えていくにはその方が早い!

CBcloud(シービークラウド)評判口コミは?

CBcloud(シービークラウド)は有名なサービスを世の中に提供してくれていますが、まだ試行錯誤している部分もあり評価もいろいろです。

これまでの運送業にありがちな長時間拘束されるという暗い重労働のイメージを一新する働き方を可能にしたことは素晴らしいですね。

これによって軽貨物ドライバー人口が増えていることも事実です。

車離れが危惧されている若者や体力に自信のない女性などに訴求したことも、人手不足解消に一役買っています。

一方で登録ドライバーが急増したことによる弊害も見受けられるようになっています。

マッチングビジネスの宿命ですが、誰もが希望すれば仕事にありつけるわけではありません。

登録者が増えれば一つの案件に競争が生まれてしまいますし、最近は仕事が取りづらいという不満の声もあちこちで聞かれます。

マッチングの公平性を意識してか、評価制度・ポイント制度などシステムが複雑化してきているのも不満の一因になっているようです。

そして新たに始まった「PickGo 買い物代行」サービスにもいろいろと疑念の声が。

どうやら「PickGo 買い物代行」サービスを急拡大・定着させるために積極的に請け負ったドライバーにPickGoの案件も優先に割り振るような話も出ています。

手間暇がかかり労働対価として疑問の新サービスを訴求していくために、ドライバーの参加を促す方法としては考えられますね。

新サービスが一般的なPickGoの仕事と比べてどれだけ稼げるのかにもよるでしょうが、正しく評価されていくのはもう少し様子を見てからになりそうです。

Amazon Flexやライバルのハコベル、ウーバーイーツなど、他のマッチングアプリサービスも現状ではいろいろと問題を抱えています。

それは誰が案件を請け負うかわからないというドライバーの質の問題もありますし、仕事・収入へのドライバー側の不安・不満の問題もあります。

CBcloud(シービークラウド)のサービスは働き方を求める者には満足度が高く、収入を求める者には少々厳しい。

評価・口コミを総合してみるとそのような傾向が見られます。

まだまだ改善の余地はあると思いますが、新しい働き方として現役ドライバーとしても期待せずにはいられません!

軽貨物ならガソリンカードがおすすめ!

軽貨物の大半の経費は自分の労働力とガソリン代です。

ガソリン代を少しでも節約すると収益もあがってきます。

ガソリンカードを利用すると・・・。

年間約2万円もお得!

ロードサービスの特典やポイント還元などのお得なサービスも!

もちろん走行距離にもよりますが軽貨物をやっているなら。

毎日100km以上は走行してるのではないでしょうか。

1日単位で見れば大した額ではありませんが塵も積もればです。

LINE@でお得な情報ゲット!

僕のブログでは色々な軽貨物業者の情報をまとめさせて頂いています。

その中で得た情報や口コミ評判なども時々LINE@でご報告しています。

軽貨物フリーランスや他のフリーランスの方にとってなるべく有益な情報を提供していきます。

軽貨物を始めたいけど怖い・・・。

何から始めればいいの?とお悩みの方は是非ご相談ください。

もしよかったらご登録お願い致します!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です