軽貨物おすすめガソリンカード!メリットやデメリットは?個人事業主でも作れますよ!

軽貨物の仕事はガソリンの給油の機会が多く経費の大部分を占めています。

ガソリンを少しでも安くするために工夫すれば収益もあがっていきますよね。

ガソリンカードを使うと割引やポイント付与などがあるので月間や年間ベースで考えると・・・。

現金での支払いと比べるとかなりの差がでてきます。

今回は軽貨物おすすめガソリンカードやメリットデメリットをまとめてみました。

軽貨物おすすめガソリンカード!

ガソリンカードは種類がたくさんあってどれを作っていいのか悩みます。

僕も軽貨物を始めてガソリンカードを作る時にかなり悩みました。

なぜ悩むのかというと。

年間費・割引率・ポイント還元率‥などカードによって違うんですよね。

たくさんある中で僕がおすすめしたいガソリンカードを紹介しています!

エネオスカード

エネオスカードはタイプが3つ!

Cキャッシュバックタイプ

Pポイントタイプ

Sスタンダードタイプ

ご自身のライフスタイルによって最適なカードは違います。

色々考えるのが面倒な方はとりあえずスタンダードタイプでいいのかな。

スタンダートタイプはいつでも2円/L引き。

しかも年間に1回でも利用すれば無料です。

エネオスのどのタイプでもついてくる特典はロードサービス。

軽貨物を長くやっているとロードサービスを利用する機会は必ずあると思います!

UCSカード

宇佐美を多く利用する方はUCSカードがおすすめ。

年間費は無料

宇佐美で2円/L引き。

その他で相性が良いのはドンキーホーテやアピタ、ピアゴなどで利用すると割引特典があります。

宇佐美のポイントカードUsappyカードと組み合わせるとさらにお得です。

ガソリン・軽油は1Lで1ポイント溜まって、さらに割引なので実質3円引き!

ETC共同組合ガソリンカード

個人事業主でも作れるガソリンカードで審査なし!

他のカードと違うところは預り金が発生するところです。

ガソリンカードを発行する際に1万円だけかかります。

戻ってくるお金なので実質無料で審査なしでガソリンカードが作れるんですよ。

ガソリンカードの種類はエネオスと出光・昭和シェルと選べます。

個人事業主でも簡単に作れるカードでクレジット機能がついています。

支払いサイクルが月末締めの翌月末日払い。

軽貨物は支払いサイクルが遅いので開業したばかりの方にはおすすめ!

ガソリンカードのメリット・デメリット 

メリット

割引価額

ポイントが溜まる

簡単に支払い

経費管理がしやすい

ロードサービス付随

基本的にガソリンカードを作るのにデメリットはないと思います。

現金が大好きな方にはおすすめできませんが、数字だけを見れば断然ガソリンカード利用がおすすめ。

年間で大体2万円はガソリン代を節約できるのではないでしょうか。

ただ現金からガソリンカードに変えるだけで2万円はかなり大きい。

デメリットをあげるとしたら、月末に支払いが大きくなるので不安という方はいると思います。

不安な方はエネオスカードであればデビットカード利用が可能です。

デビットカードなら基本的に即時引落しで月末の不安は解消されますね。

軽貨物はとにかくガソリンを使うので、収益をあげるならガソリンカードは間違いなくお得!

個人事業主でも作れる!?

ガソリンカードはクレジットカードと同じなので個人事業主だと作れないケースがあります。

開業したばかりだと信頼性が低いので断られます。

ですがETC共同組合ガソリンカードなら審査なしで比較的簡単に作れます。

他のところで断られてしまった、クレジット審査が不安、開業したばかり‥など。

ガソリンカードを作ることに不安があるならETC共同組合ガソリンカードがおすすめです。

まとめ!軽貨物ならガソリンカードがおすすめ!

軽貨物の仕事をするにはガソリンの給油は必ず必要です。

メインの経費が少しでも安くなれば収益もアップします。

1日単位で考えると少しの節約でも年間で考えれば大きな節約にもなります。

まだ現金でガソリン代を払っているなら是非ガソリンカードを検討してみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です