軽貨物運送業に名刺は必需品!屋号やデザインの決め方を紹介します!  

軽貨物運送業で独立したけど名刺を作るか悩んでいる方には必見です。

僕の意見としては名刺は軽貨物運送業に名刺は必需品。

屋号やデザインの決め方などを紹介したいと思います!

⇒⇒ラクスルがおすすめ!

軽貨物運送業に名刺は必需品!

軽貨物運送業で独立をすると名刺は必需品です。

個人事業主として継続して仕事をもらうなら営業活動は必須。

営業時に名刺を持っていないと、連絡先やあなたの存在を覚えてもらうこともできないかもしれません。

少しでも覚えてもらうために名刺は大事です。

そもそも営業に訪れた業者が名刺すら持っていなければ相手は不安になってしまうかも。

IT界隈なら、LINEやSNSなどを交換すれば済むかもしれませんが、軽配送界隈は名刺が必需品。

営業先以外でも、同業者たちと遭遇した時にも名刺を持っていると便利です。

同業者同士で名刺交換をしておけば仕事を回してくれる可能性もあります。

軽貨物運送業の屋号は必要?

屋号は必ず必要というわけではありません。

自分の名前だけで仕事をすることもできます。

個人的には1人で仕事をやっていくなら自分の名前でいいと思います。

仲間を集めたり、雇うのであれば屋号が合った方が便利ですね。

契約書や銀行口座名でも屋号を使うことはできます。

屋号の付け方はひらがなやカタカナ、アルファベットなどを使っても大丈夫です。

人によっては屋号をそのまま株式会社にした時などに利用する人もいます。

注意点としては屋号を使うなら、とにかく覚えやすくわかりやすいのがおすすめ。

かっこよくしすぎて、読めない漢字や意味がわかりにくい屋号は微妙ですね。

軽貨物運送業の名刺デザインは?

名刺のデザインはシンプルで見やすいものがおすすめです。

おしゃれでデザイン性が高い名刺ももちろん素敵ですが意図が伝わりにくい場合も・・・。

クライアントの年齢が高めだとシンプルな名刺の方が評価されたりもします。

万人受けするのはやはりシンプルでわかりやすい名刺でしょう。

僕はラクスルにいつも名刺作成を依頼しています。

ラクスルなら安くて簡単にテンプレートを使えば自分の好きなデザインで作成できます。

⇒⇒ラクスル公式サイトはこちら!

自分のコピー機で市販の名刺用紙を使って作成するのもいいですが。

紙の質やコピー機のインクの違いなどで安っぽくなってしまいます。

営業先の担当者もたくさんの名刺をもらっているはずなので、自分で作ってる名刺はすぐにばれます。

なるべく業者に頼んで名刺を作った方がいいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です