AEトランスポートの野田慎太郎とは?年収や経歴は?令和の虎にも出演!評判口コミは?

AEトランスポートの野田慎太郎についてまとめてみました。

野田慎太郎は『令和の虎』に出演している物流会社の社長さんです。

風貌はちょっといかつめで熱い男なので、ちょっと気になる方も多いのではないでしょうか。

今回はAEトランスポートの野田慎太郎を深く知りたい方向けに年収、経歴、評判口コミなどを調べてみました!

AEトランスポートの野田慎太郎とは?

出典:AEトランスポート

数年前に彗星のごとくメディアに登場してきた野田慎太郎という人物をご存知でしょうか?

名前だけ聞いても「ん?」と首をかしげる人も「令和の虎」と聞けば「あぁ!あの人か!」とピンとくるのでは?

バイタリティに溢れた容姿とやり手経営者として、起業を目指す者達からは絶大な人気を得ている骨太な九州男児!

現代のイケイケなリーダーの1人です。

現在は大分県内でAEトランスポートという貨物軽運送業の会社の社長さんでもあります。

その活動は会社経営に留まらず「物流の虎CHANNEL」というユーチューブ番組まで立ち上げています。

「物流の虎」という番組タイトルは、出演中の「令和の虎」主催の岩井社長からのれんわけしてもらって実現したそうです。

「物流の虎CHANNEL」の中では野田さんの素顔や物流・運送業界への熱い思いなどが盛り込まれ、軽ドライバーの参考になる話、テレビでは言えない話やワードが満載です。

えいじの宮殿のえいじさんもゲストで出演していたりしています。

座右の銘は「百折不撓の精神で志を貫く!!」 

自分の信念を貫き通すことに強いこだわりを持ち、「自分を育ててくれた物流業界に物流で恩返しをする」ことを自分の使命としています。

様々なメディアに登場しているのは「物流業界を盛り上げ世間の注目を集めることが自分の使命の一つ」と言われれば納得ですね。

そんな魅力的な運送業界の革命児である野田慎太郎という人物を少し深掘りしていきます。

野田慎太郎の年収や経歴は?

野田慎太郎 1987年5月8日生まれ。大分鶴崎高等学校出身。

「大学には行かせない」という親の方針から高校卒業と同時に自衛隊に入隊。

なぜ就職先に自衛隊を選んだのかは「体育会系的なところが自分に合っていると感じた」と。

確かに現在のキャラや立場からも方向性は間違っていなかったのでしょうね。

しかし2年で自衛隊を辞め20歳の時にヤマト運輸でアルバイトを始める。

その2年後にヤマト運輸の社員登用され、ナント同時にセンター長に就任!

若干22歳のアルバイト上がりがいきなり職場の長に。すでにアルバイトの時にはリーダーとしての適性が頭角を現していたのでしょう。

普通ならヤマト運輸で出世街道を歩んで行くところなのですが、ここも2年で退職。

野田慎太郎の転換期は2年毎に訪れるのでしょうか?

次に野田慎太郎が選んだ会社は同業のライバルとも言える日本郵政。業界内で貴重な経歴を積み重ねていきます。

ここでも野田慎太郎は秘めた能力を発揮しています。

今では問題視されている社員による年賀状販売ノルマですが、野田慎太郎は2年連続で販売数1位で表彰されます。

そして正月の風物詩の一つとしてテレビのニュースでも報じられている年賀状の出発式で宣誓役も務めました。

今度こそ日本郵政で出世街道を歩むのか?と思いきや好事魔多し。27歳の時にパニック障害を起こして退職を余儀なくされることになる。

病気による無念のリタイヤ。失意の底にあると思いきや、この療養期間をも充電期間として復活します。

突っ走り続けた労働スタイルから一度退き、自分のやりたい事について自問自答することで改めて気付きました。

「ここまで自分を育てた物流業界に物流で恩返しをしよう!」と。

28歳で起業。個人事業主として2期を過ごした後、2015年6月に物流ベンチャー企業として株式会社AEトランスポートを設立しました。

今では70名以上の協力ドライバーを抱え、順調に組織を成長させています。

そんなベンチャー社長としての年収はどのぐらいなのか興味があるところですね?

残念ながら本人が公表しておらず、いくつかある資料からも具体的な年収等の数字は不明です。

しかしメディアへの出演やユーチューバ―としての個人の取り分を含めると1,000万円は軽く上回っているものと思われます。

同規模の運送会社の社長さんよりやや多いのではないでしょうか。

社名にあるAEというのは長女のあかり、次女のえみりの頭文字から名付けたというエピソードがあります。

子供の成長と会社の成長を願うネーミング。

家族思いの優しい父親の顔と経営者としての厳しい顔が両立しているところも人として魅力的な部分なのでしょう。

野田慎太郎は令和の虎に出演!

「令和の虎」というのは惜しまれながら終了した平成の人気番組「マネーの虎」のユーチューブ版番組です。

起業を目指す者が開業資金等を捻出するため出資を求めて番組内でプレゼンをし、出資する側の社長達とのガチなバトルを繰り広げます。

その出資側の社長の一人として出演しているのが株式会社AEトランスポートの代表取締役である野田慎一郎氏。

まだ開業もしていないようなベンチャー志向の未知の可能性に100万円単位で出資する度胸。

AEトランポートもまだ設立して5年足らずの若いベンチャー企業。

どちらかというと出資してもらいたい側の立場であっても不思議ではなく、一体出資するための原資はどこから出てくるのか?

恐らくは社長のポケットマネーからと思われます。

多忙のなかのメディアへの露出と起業する者へ手を差し伸べようという姿勢。

とにかく物流業界の発展と雇用促進の恩返しに本気で情熱を傾けている証拠。

開業までの道のりの苦難を知る者としての後進への優しさ。

確実に野田慎一郎のメディアへの露出と足跡は、広く世の中の人々への運送業に対する興味喚起に繋がっています。

様々なやり方で運送業界への恩返しは確実に進んでいるようです。

野田慎太郎の評判口コミ!

ともすれば熱すぎる情熱というというものは空回りすることがあります。

本人が「物流の虎CHANNEL」の中で話していた通り、ドライバーと意見の食い違い等があって辞めていった人がいると白状していました。

ただこの程度のことは特段珍しいことではありません。

多くの軽ドライバーが野田社長の下に集まり仕事を続けていることからも、リーダーとしての人を惹きつける魅力があるからでしょう。

残念なことにまだまだ野田慎太郎の評価や口コミは「令和の虎」に関することがほとんど。

野田慎太郎が本当に望んでいる運送業に関する反応が少ないのは、運送業経営者というより番組タレントとして誤解されている部分が大きいのでしょう。

しかし有名ユーチューブ番組出演は野田慎太郎の取り組みの一部分。この番組に対する口コミやコメントは少々趣向が違う部分があります。

会社として取り組んでいる「物流の虎CHANNEL」は番組登録者も着実に増えており、コメントも運送業を本質としたものが多い。

コメントの多くは野田社長を肯定するものであり、これから見逃せない人物・会社であると感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

軽貨物の記事作成やコラムならおまかせください! ・大学卒業後丸20年間を広告代理店の営業マンとして過ごしました。 ・40代を不動産・ハウスメーカーの営業マンとして過ごしました。 ・2008年9月からは軽運送業で独立し現在に至っております。 軽運送業と並行してジムのインストラクター他、複業を営んでおりますのでよろしくお願い致します。