スーパーカーゴ評判!稼げる?稼げない?初期費用や仕事量についてまとめてみた!

調べれば調べるほど迷ってしまう軽運送業。

どんな仕事があるのか、どこに所属すればメリットがあるか、優先的に考えておくべきことは何か‥など。

未経験者が押さえておきたいポイントはいろいろあります。

いくつかの業者を取り上げながらわかりやすくお伝えすることを心がけておりますが、今回は「スーパーカーゴ」を紹介させていただきます。

スーパーカーゴとは?

運送会社(株)アネックスによる運送媒体の通称をスーパーカーゴと呼び、子会社であるFBサポート株式会社(平成9年設立)が運営する。

全国8ヶ所に募集センターを置き随時説明会を行っています。

8万社との企業の繋がりを武器に主要都市を中心に47ヶ所の配車センターによるコントロールで軽自動車から10tトラックまで全国で約3,000台の輸送体制を敷いています。

契約後はどこかの配車センターに所属する形を取りますが、活動エリアは自由です。

24時間365日稼働し全国津々浦々の集荷・配送を可能にているスポット・チャーター便がメインとなる業態ですが、引っ越しやハンドキャリーなど幅広く対応しています。

スーパーカーゴの評判!

スーパーカーゴについては特別に悪い噂を聞かない反面、絶対におススメ!という口コミも見つからない。

軽運送業を取り扱う会社としては報酬や働き方においても突出した部分がないように感じます。

だからと言って他社に比べてダメなのか?というと決してそんなことはない。

どうしても宅配がやりたい!メチャクチャ稼ぎたい!という人でなければ初期費用も安くハズレが少ないようにも思われます。

どちらかというと自由度を優先にする人向きです。

スーパーカーゴの特徴としてはスポット・チャーターがメインであるということ。

県をまたぐような配送案件が多く、納品先近辺での集荷から更に他県への配送、そこでまた次の集荷をして更に他県へ・・・。

という極力空荷の状態を作らず効率良く稼いでいくことも可能。

作業としては運転時間がほぼ占めるので運転好きには魅力ある働き方といえましょう。

しかしいつもそう都合よく回れるわけではない。

せっかく遠方へ行ったのに手ぶらで戻ることの方が多いようです。

片道運賃しか貰えないような働き方が続けば経費ばかりが重荷になり口コミ・評判にネガティブな書き込みをしたくなるわけです。

スーパーカーゴは稼げる稼げない?

スーパーカーゴは案件ごとの売上額が大きいです。

県をまたぐような距離を走るので当然なのですが、1つの仕事で数万円単位となるのが普通です。

ただし当然ガソリン代は自腹であり、高速料金代もしかり(案件により片道分支給されることもある)。

宅配仕事のような配達した数量ではなく距離による運賃設定となる。

距離とは別に荷物の積み降ろしにかかる取り扱い時間や待機時間を計30分ごとにカウントするサポート料金設定があり、付帯作業や待機時間にも料金が発生するのは良いですね。

一方で運・不運にも左右されますが、運賃設定はA地点からB地点までの片道料金が普通であり、手ぶらで帰ってくると旨味は少なくなる。

長距離を走るためそれなりに時間を要するしガソリン代や高速料金等の経費を差し引くと、足掛け2日仕事になっても手元には1万円ちょっとしか残らないという場合もある。

見た目の金額は大きいけど実質対価としてどうでしょうか。

いかに空荷で移動しないかが稼ぐポイントになります。

行った先で案件が出てくるまで粘ったり時間が許せば高速を使わず下道で移動したりという工夫をしている人が多いようです。

人によっては仕事で全国あちこち行けるので旅行気分で楽しんでいる人もいます。

そのぐらい気持ちにゆとりを持って取り組めるのであれば、金額ではない稼ぎ方をしているとも言えますね。

旅費は仕事の経費で補っているようなものですから。

スーパーカーゴの初期費用や仕事量は?

スーパーカーゴには2通りの関わり方があります。

一つは正式に加盟契約を結ぶこと。

もう一つは他の仕事と兼業するなど自由度の高い「グループ傭車」という立場で契約するもの。

2つの契約には初期費用や毎月のランニングコストに違いがあります。

正規加盟運送店の場合

  • 契約金:110,000円 
  • 商標使用料:月額5,000円  
  • 無線機使用料:車両1台につき月額14,000円~15,000円  
  • 基本マニュアル及び事故マニュアル:各310円 = 計620円 
  • 元請事業者専用伝票(50枚刷):1冊400円  車両代:別途

以上、初期費用としては111,020円+車両代 以降の月額代が19,000円~20,000円となる。

グループ傭車の場合

  • 契約金不要
  • 専用マグネットステッカー(2枚1組):4,300円 
  • 商標使用料:月額5,000円  
  • ユニフォーム代:5,900円~9,000円  
  • 車両持ち込み

以上、初期費用は(元請事業者専用伝票1冊購入)10,600円~13,700円 以降月額5,000円

一見、正規加盟店とグループ傭車の違いがわかりづらいですね。

グループ傭車契約の方がお得に感じますけど、無線機を使った配車システムのため正規加盟運送店は自分の居場所に応じて仕事を斡旋してくれます。

グループ傭車は無線機が無い分常に自分から情報を問い合わせる必要があります。

実際のところ配車センターは正規加盟運送店を優先して仕事を斡旋するようですし、その中でも人を選ぶようです。

最初のうちは他人がやりたがらないような仕事もこなしていると配車係の印象が良くなり仕事を回してくれるようになるそうです。

もう一つ大事なポイント。

スーパーカーゴは要温度管理の食品輸送を強みとしており他社との差別化としています。

実際クール車の稼働率が高いようで稼ぐ人もクール車を所有している人に多いらしい。

クール車で持ち込みできる人なんて限られてしまいますけど、これから車を用意して参入するのであれば中古クール車を探してくるというのも一つの手。

稼ぐ近道として自分の特殊性をアピールするのは必要です。

やる気と工夫が仕事量になって返ってきます。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です