アマゾンフレックスに向いてる人の特徴とは?向いてない人でもできるコツをご紹介!

アマゾンフレックスは向いてる人と向いてない人と分かれる働き方です。

今記事はアマゾンフレックスに向いてる人の特徴と向いてない人の特徴をまとめてみました!

向いてない人でもできるようになるコツも紹介しています。是非ご覧ください。

アマゾンフレックスに向いてる人の特徴とは?

ラベル名
  1. 登録に必要な条件がそろっていること
  2. 自動車の運転が苦にならない
  3. 人と会話することが苦にならない
  4. 時間の計画(プランニング)を建てることができる

登録に必要な条件は、20歳以上で普通免許保持者、黒ナンバー軽貨物自動車を保有です。

他にも、スマートフォン保持や任意保険証券の有無‥などもアマゾンフレックスの登録に必要な条件として指定されています。

『車の運転が苦にならない』かどうかはアマゾンフレックスに限らず軽配送の働き方そのものですが軽配送に限らず運送業の世界では乗り物を運転することが最前提の条件とも言えますよね。

『人と会話することが苦にならない』という部分ですが、初めてその地域で荷物を配送することをイメージしてみてください。

荷物を届ける際に受取りの時間帯が合わず持ち戻りになった荷物を急遽「1時間後に持ってきてほしい」とお客様から問い合わせがくることもあるでしょう。

「次の荷物を届けてすぐに向かいますが、あと30分くらいかかりそうですがよろしいでしょうか」というような最低限の会話としてやりとりができれば問題ありません。

『時間の計画(プランニング)を建てることができる』はアプリを使い効率的なルートを見つけて1日働ける時間の中で配送しきれるスケジュールを建てることが重要です。

もしプランニングできなければ朝から晩までかかっても配送が終わらないスケジュールになってしまい、最終的にはお客様にも案件発注側(会社)にも迷惑をかけてしまいます。

いわゆる未配になる原因です。

以上のような特徴を兼ね備えている方はアマゾンフレックスに向いている人と言えます。

実務的な内容とは別にスキマ時間を活用したいやギグワーカーとして自分の時間確保したいと思っている人にもアマゾンフレックスの働き方は向いているといえるでしょう。

アマゾンフレックスに向いてない人の特徴は?

副業として始めようと考えている方も多いアマゾンフレックスですが、「稼げる」からやり始めるという理由ではじめる人は向いていないといえるでしょう。

確かに誰でもできそうなお手軽さがあるように思えるかもしれませんが、自動車を所有していれば。

ガソリン、車両メンテナンス代、月極駐車場代などの維持費がかかります。

売上から経費を引いて自分の人件費を算出してみると決してゆるいものではないことから「今すぐに安定した収入が欲しい」という思いだけでは持続は難しいかもしれません。

仕事自体もやり始めは案件確保に必死で、ようやく取れた案件をこなしていくことで次の案件につながるケースがほとんどで、明日の仕事が約束されているわけでないのです。

アマゾンフレックスへ登録した目的が「今すぐに安定した収入が欲しい」ということで始めるとやみくもに案件確保に走った挙句、未配や誤配を招くことにつながりやすくなることはもちろん交通事故を起こす確率もあがっていきます。

以上のようなことから安定的な収入をすぐ稼ぐことができると思い込み現実を理解し向き合うことができない方はアマゾンフレックスには向いていない人ということになります。

始めてすぐに成果の出る方は「軽配送に関する情報収集を徹底していてあらかじめある程度の教養を身に着けてから始めた」という勉強熱心な方や「知人から教えてもらう環境が整っている」方がほとんどです。

努力次第にはなりますが全くゼロから始めてある程度稼げるようになるまで時間はかかるものと考えていたほうが良いでしょう。

アマゾンフレックスの労働環境では当然のことながら上司や部下がいませんので面倒くさい人間関係に悩まされることはありません。

ですが荷物の配送場所を間違えたり未配の荷物を落として壊してしまった場合などの仕事上の失敗はすべて自分で責任を負わなければなりません。

アマゾンフレックスの場合は弁償などはありませんが、アカウント停止に繋がる恐れはあります。

アマゾンフレックスに不向きでも稼ぐことができるコツを伝授!

アマゾンフレックスに登録して稼いでいくためにはまず配達員同士の案件オファー争奪戦に勝ち残り、案件を確保した後は確実にこなす!

数件こなし続けて配達管理AIの評価を上げていくことが第1歩です。

配達管理のAIによってある程度評価された配達員には優先的にオファーがくる仕組みになっています。

歯を食いしばって取り組めばあなたが黙っていても向こうからオファーがくるような将来をきっと手に入れることができるでしょう。

どのような基準での評価なのか詳細はつかめていませんが未配、早配、誤配など基本的なことを順守しておくことでマイナス評価は防ぐことができます。

優先オファーは基本的に週稼働時間が40時間以上で配達評価が高いと貰えるようです。

アマゾンフレックスを始める前にデリプロがおすすめ!

アマゾンフレックスでいきなり稼働するよりはデリプロで経験を積んでからアマゾンフレックスを始めた方がアカウントを守れます。

宅配未経験者だと未配、誤配を多くやらかしてしまう場合が多いんですよね。

デリプロで経験を積んでからアマゾンフレックスをやれば、その心配やリスクも軽減されるはずです。

デリプロは未経験者でも研修制度が整っているので未経験者には働きやすい環境になっています。

関東のデリプロならおまかせ!

関東のデリバリープロパイダーなら優良な委託会社をご紹介できます!

委託会社にはびっくりするような手数料を取られたり、週5以上勤務が条件‥など。

あまりよくない会社も多く存在するのが現実です。

関東圏内であれば繋がりのある安全な協力会社をご紹介できます。

デリバリープロパイダー経由でアマゾン配送に調整したい方は是非LINE@からご連絡ください!

友だち追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です