5秒ルールでやる気アップ!モチベーションをあげる方法をメル・ロビンスが語っていました。

『5秒ルール』とはTEDのスピーカーでメル・ロビンスさんの『How to stop screwing yourself over』という動画で話していたモチベーションをあげる方法。僕も『5秒ルール』を生活に取り入れてみたらやる気がアップしてモチベーションが確実にあがったのでまとめてみました!

5秒ルールでやる気アップ!モチベーションはあがる?

いつもなら5秒ルールとは~~~‥など。と書くところですが、この方法は単純明快なので簡潔に。

「5秒数えて行動するだけ!」

たったこれだけでやる気とモチベーションがあがります。

例えば、やらなきゃいけないことがあるとします。

  • 朝起きるとき
  • ゴミ捨て
  • 光熱費の支払い

私たちは小さいことから大きいことまで日々判断して生きていかなければなりません。

朝起きるときは目覚ましを消して起きる。

もしくは二度寝する。

あるいは仕事をさぼろうかと無意識に判断をしています。

起きた瞬間から判断をしないといけないなんて人間は大変ですよね。

大げさではなく1日で100以上の判断を迫られています。

そして、その判断を必ず良い選択肢を僕たちは選ぶことができません。

色々なシチュエーションがあると思います。

ゴミ捨てをしなければ生ゴミであれば部屋は臭くなり、ペットボトル・缶の日であれば部屋を使える面積が減るにも関わらずやる気がでないだけでゴミ捨てをしない選択肢を選んでしまう可能性も。

光熱費の支払いもしなければ、日常の生活に支障がでるにも関わらず先延ばしにしてしまうことがある。

それはなぜでしょう?

「脳が考えてしまうから」

人間の脳は面倒くさがりやで変化が嫌い。

現状維持でなにも考えずにするのが脳にとって一番働かなくて済む行為なので自然に楽な方を選択します。

だから脳が働く前に行動をすればいいわけです。

それが『5秒ルール』です。

メル・ロビンスが提唱する『5秒ルール』とは?

積み重ねると人生がどんどん変わっていくことを保証します。

たった3日間だけの実践でも5秒ルールは人生を変えてくれる手段だと感じました。

そして自信がつくようになると感じました。

毎日のタスクをこなせると常に達成感を得られるので、自分に自信がもてるようになります。

今からでも是非実践してください。

1、2、3、4、5!

あなたは何を5秒以内にやりたいことがありますか?

もしあるのであれば、このブログを5秒以内に閉じて5秒以内にやりたいことを取組みましょう。

確実に人生が変わります(笑)

僕が『5秒ルール』で実践したみた結果

  • 朝起きるとき
  • タスクに取り掛かるとき
  • 寝るとき

日常生活に取り入れて実践しています。

朝起きるときはスヌーズ機能を使わずに一回しか鳴らない設定にしてアラームが鳴ったら5秒カウントして確実に起きるようにしています。

寝るときもダラダラせずに寝ると決めたら5秒をカウントして寝ます。

たったこれだけでやる気が維持できてモチベーションアップしました。

少し怪しい自己啓発系記事になってしまいましたが、5秒ルールはおすすめの方法です。

とにかく5秒をカウントして行動するのみ。

それだけでやる気とモチベーションがあがります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です