発汗ダイエットは効果がない!最新ダイエット事情をお伝えします!

最近太ってきたと思ったときに最初に思いつくのが汗をかいて発汗ダイエットをしようと思ったことはありませんか?実は発汗ダイエットは体重は落ちても脂肪が落ちてないことがほとんどらしいのです。最新のダイエット情報をお伝えしたいと思います!

発汗ダイエットをしても脂肪は落ちません。

実は、汗をかいただけでは脂肪は落ちていないんです。汗はただ体の体温調整だけのために流れるもので、体の水分が減るだけなんです。つまり、汗をかいたからといって脂肪ががっつり減ってるわけではありません。もちろん、汗をかくことが悪いわけではありませんが、脂肪はそこまで減ってないってことは知識として覚えておいてください。

強制的に汗を出すような発汗はNG

サウナスーツのように短時間でたくさんの汗をかかせるような行為はあまりよくはありません。

脂肪は運動量に比例して少しずつ減っていきます。汗をかきすぎて、体の水分が足りなくなってしまうと体の代謝が悪くなってしまいます。ダイエットには逆効果になることもあるので、おすすめできない方法です。

体がむくんでいて、むくみを一気に落としたい!っていう方であれば短期的に汗をたくさん出すことはいいかもしれませんね。

身体に良い汗の出し方とは?

汗には二種類あります。

  • 良い汗=サラサラ汗
  • 悪い汗=ベタベタ汗

良い汗は無味無臭で不快感がない汗です。悪い汗はアンモニア臭などが混ざった不快感が強い汗です。体の汗腺がしっかり機能していると良い汗をだすことができます。悪い汗をかく人は代謝が悪い証拠なので、唯一、汗でダイエットに関連してくることになります(笑)

エアコンなどがしっかり聞いた環境にいると体温調整をする必要があまりないので汗線の機能が弱まってきます。汗線をしっかりトレーニングする必要があります。

定期的に運動をする

有酸素運動を定期的にすることで汗をかく機会を増やしましょう。大量に汗をかく必要はありません。汗を自然にかく機会をなるべく作ることで汗線機能を強くすることができます。

半身浴をする

38℃~40℃ぐらいのお湯でみぞおちの下ぐらいまでだけを温めます。時間は大体20分以上は浸かるようにしましょう。半身浴も定期的にすることで汗線機能を強くすることができます。

まとめ

基本的には発汗とダイエットの関係性は高くありません。最近では発汗とデットクス効果の関係性も否定されているようですね。

サウナスーツや入浴剤を売りたいがために企業側が押し付けた知識だと思っています(笑)

ダイエットはしっかりした知識をつけて効率よくダイエットを成功させましょう!

ダイエットアプリおすすめ3選!レコーディングダイエットも楽勝で攻略できます!

2018.10.05

ダイエットアプリで記録をつけるだけで痩せれるレコーディングダイエットは効果的です。

2018.10.05

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です